賃貸物件を選ぶ際のポイント

ライフスタイルを考えよう

理想の住まいというのは人それぞれ、そのライフスタイルによって最適な住宅は変わってきます。

ついつい、外観や仕様、生活便利設備などで物件を選んでしまいがちですが、実は大事な賃貸選びのポイントは他にあります。賃貸物件選びをする時に考えたいのが、住んでからの暮らしがどのようなものになるかという事です。入居後の生活をイメージしながら賃貸物件を選ぶと、失敗のない賃貸物件選びができるでしょう。

一人暮らしで外出が多いなら、住環境よりも駅近物件

会社との往復で日中ほとんど部屋で過ごす時間がないというケースには駅近物件が最適です。駅近物件の魅力を考えてみると、駅から徒歩圏内のため、毎日の通勤や通学がとても便利なものになりますし、バス便などと比べて時間のロスをなくすことができます。

その分、余暇や睡眠に時間を充てられるので、生活のクオリティそのものを引き上げることもできるのです。ただし、このような駅近物件は郊外型の物件と比べると、間取りが狭かったり、ビルに囲まれて日当たりが確保できないケースもありますが、日中ほとんど家にいることがないビジネスマンにとっては、それほど気になる問題ではありません。それよりも駅近くの便利設備の恩恵を受けられるメリットの方がよほど大きいといえるのです。

一方、家族があり日中も部屋に滞在する人がいる場合には、駅近物件よりも郊外型の住環境を重視した物件が良いでしょう。
郊外型は、比較的間取りをゆったりととっている場合も多く、日当たりなどの条件も確保できるように配慮されています。そのため、部屋にいながら快適な住環境を受けることができますので、子供と暮らすのにも最適な物件と言えるでしょう。郊外型住宅街は緑との共存も考えられた街並みづくりがされていて、緑地や公園なども豊富ですから、家族の生活のクオリティを豊かなものにしてくれるのです。

セキュリティにも注目

もう一つ注目したいのが、セキュリティについてです。セキュリティを考えたときに選びたいのが2階以上の高層階の物件で、特に女性の一人暮らしには2階以上を選びましょう。

不在侵入などが集中しているのは1階部分の部屋ですし、1階だとどうしても覗き見される可能性もあり、安全対策が十分とは言えません。また、エントランス部分にオートロックを設置している物件も増えてきました。

不審者をシャットアウトするナンバー式のオートロックや、カード式のキーを使った非接触型のオートロックなども安全性が高いもので人気があります。セキュリティ重視で選んだ物件は、安心して毎日を過ごせる、高いライフクオリティを約束してくれます。

チェックしておくとよいサイト
セコム泥棒・防犯対策(引越し編)
新居のセキュリティ対策は万全ですか?引越してきたばかりの家は、泥棒の目につきやすいそうです!
赤帽で安い引越しはできるのか!
とにかく安く引越しをしたいという方へ、引越し一括見積もりサービスを利用した裏技の紹介です!